アウトプットってどうすればいいんだろう??

今回は、そんな方に向けて

昔書評を書いていたときにおすすめされた

『黄金のアウトプット術』についてレビューしてみたいと思います!

この本を読めば、アウトプットする意義とその手法(書き方、話し方、見た目etc…)

についてもと日本マイクロソフト株式会社代表の成毛さんの

考え方を知ることができます

本の印象

本のキャッチコピーが秀逸ですね

「大衆を脱出したけりゃ、情報を吐き出せ」

「勉強と教養はもういらない!」

どんな職場でもそうですが、

「勉強してください」と言われることは多いでしょう

他方で、「それだけで本当に大丈夫か?」との視座を

与えてくれる面白い本です

読者の想定

読者は2パターン想定されると思っています

一つ目は、

「勉強をしているが、身についた気がしていない人」

具体的には

日々読書など勉強をしているものの、

右から左へ流れてしまっており、

本当に身についているか自信がない人です

2つ目は、

「アウトプットをしてみたいけれど、アウトプットの手法がわからない人」

例えば、

ブログなどを書いているが、いまいちしっくり

書き方が定まっていない人です!

本の中身①:アウトプットをする意義

アウトプットってなぜする必要があるの?

そんな疑問を持っている人も大丈夫です!

のちほど詳しく触れますが、

簡単に言うと、大衆からの脱出を図るためというのが

成毛氏の主張でしょうか。

何を考えているか表現する(アウトプット)

考えていることがわかるので周りから関心・好感を持たれる

大衆からの脱出を図れる

このプロセスを踏みましょうということだと思います

本の中身②:アウトプットの具体的作法

意義はわかったけど、具体的にどうすればいいの??

そんな疑問に対しても丁寧に答えてくれます

一番簡単なのは書くことということなので、

若干書くアウトプット手法に重きを置かれていますが、

他にもプレゼンの仕方、見た目、対話術に

ついても触れられています

ちなみに、この書評は記載の方法に基づいて

書いているので、もし構造がわかりやすいと思った方は、

ぜひ一読してみてください!

引用① :「男は黙って」の時代の終焉

時代は昭和から平成に変わり、また新しく変わろうとしている今、

SNSで何一つアピールをしていない人間は、

SNSに存在していないに等しい。

そして、SNSをアクティブに使っている私のような

人間にとっては、

SNSを使っていない人間は、この世界に存在していないに等しい。

そういうほとんど存在していない人間に、誰が声をかけるだろうか、

プロジェクトに誘うだろうか。

仲間になろうとするだろうか。

「男は黙って」などと言っていると、周囲から忘れ去られるだけである。

『黄金のアウトプット術」(成毛眞著、ポプラ新書、2018)

痛烈ですね、実は私もSNSが苦手なのですが、

確かにネット上で人格がわかるひとと全く情報がない人では

前者に頼ってしまうと思います

引用②:人を褒めるならアウトプットを褒めろ

警戒心を弱めてもらう方法はある。

それは、相手の仕事をリスペクトしていることを伝えることだ。

ここで重要なのは、リスペクトの対象を相手の存在そのものではなく、

アウトプットとすることだ。

『黄金のアウトプット術」(成毛眞著、ポプラ新書、2018)

確かに経験則上もこれはとても大事なことだと思います

社内でパワポ作成が得意な人に

「とても綺麗で見習いたいです」と言えば

最新作を見せてもらえるようになったことがありました

もっと素直にこれ異性にやるともてそうですね 笑

私も改めて意識してみます!

著者紹介

成毛氏は、1986年に日本マイクロソフト株式会社に入社し、

1991年に36歳で同代表取締役社長にのぼりつめた人物です

社長就任までのインタビューとかは見当たらなかったのですが、

もしかしたらアウトプットを続けてきたからこそ

成果をだせたという背景があり、

本書を出版されたのかもしれませんね!

個人所感

今や、若い人はほとんど知っている

アーティスト、YOASOBI

ikuraさんがどのようにボーカルに決定したかご存知でしょうか?

https://www.billboard-japan.com/special/detail/2948/

上の結成の経緯のインタビューでも少し記載がありますが、

Ayaseさんが、ikuraさんをボーカルにスカウトしてから

YOASOBIは始まりました

そして、スカウトした理由は、

ikuraさんがplusonicaという音楽ユニットで、

Youtubeに自分の歌(アウトプット)を載せており、

自分の曲に合うとAyaseさんが感じたからということです

もちろん、ikuraさんが成功したのは

本人の才能と努力の賜物でしょう。

他方で、それを発信し続けた(アウトプットをしていた)

という側面も見逃せません

何者でもない自分が

何者かになるために

私もアウトプットを頑張りたいと思います

それでは、また!!

投稿者
アバター画像

シイ

兵庫→愛知→神奈川、東京勤務でコンサルタントをしているシイと申します!「こういう情報あってよかったよね」と思ってもらえるような記事を書けるよう頑張ります!主に仕事・グルメ・その他をメインに投稿していく予定です。よろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)